ダイエットが楽になる!食べて痩せる!「N/Cレートダイエット」とは?太りにくい最強食材とダイエット方法を解説!

 

海外で流行しているN/Cレートダイエット」をご存知ですか?

カロリーに囚われることなく、栄養価の高い食品を効率的に摂取することで、不要な脂肪を取り除き、

痩せ体質を目指す画期的なダイエット方法です。

 

「N/Cレートダイエット」は痩せたいという方だけでなく、

筋肉をつけながらメリハリのある体を目指したい、健康になりたい方など幅広い方に適しています。

この知識を知ることで、高カロリー=太るという概念から開放され、ダイエットが楽に、そして楽しく続けられるようになるはず。

 

今回はそんなN/Cレートダイエット」についての方法やデメリットなどを徹底解説しています。

今注目のダイエット法をぜひ参考にしてみてくださいね!

 

N/Cレートレートダイエットとは

 

 

N/Cレート(エヌバイシーレート)のNとは「栄養」、Cは「カロリー」を意味しています。

食べ物の総カロリーに対して、ビタミンやミネラルといった栄養素の比率を表す値です。

 

分母の「カロリー」に対して「栄養」が高ければ高いほど、N/Cレートの高い食品といいます。

N/Cレートの高い食品=カロリーが低く、ビタミンミネラルが豊富な栄養素であり、ダイエットに適した食品ということになります。

 

例えば、ビスケットとサラダで考えてみましょう。

この2つを同じカロリー分食べたとしても含まれる栄養素は全く異なっています。

ビスケットは糖分や脂質が30%以上を占めているのに対し、サラダは野菜のビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。

さらに食べられる量もサラダの方が断然多いため、満腹感を得やすいのがどちらかは一目瞭然です。

咀嚼回数が増える、脳が栄養が足りていると認識することで、少量でも満足できるようになります。

 

つまりN/Cレートの高い食品は、栄養を効率良く体内に取り入れることができるだけでなく、

食べ過ぎ、間食を防ぐことにも繋がり、満足度の高い食事を楽しめるようになるのです。

 

 

N/Cレートに含まれる成分

 

N/Cレート食品の主な成分として、ビタミン、ミネラル、マグネシウム、食物繊維などがあげられます。

ビタミンの中でも、ビタミンB1には、体内に取り込んだ炭水化物を代謝させる働きを持ち、

ビタミンB2には脂質をエネルギーに変える、脂肪を燃焼させる効果が期待されています。

マグネシウムには糖の代謝を助ける、疲労回復を手助けする嬉しい効果が。

またビタミン、ミネラルが豊富な食品には水分量が多く、食物繊維に富んでいるものが多いのも特徴です。

そのため、同じカロリーでも水分量が高い食品は、体積が大きく満足度が高まりやすいのでダイエットに最適です。

 

さらに、高N/Cレート食品を積極的に摂取することで、自然と美容効果の高い成分を体内に取り込んでいることになります。

痩せやすい体にシフトできる、肌にキメが整う、疲れにくくなるなど私たちに嬉しい美容効果が盛りだくさんです。

 

NCレートダイエット方法

 

次に、N/Cレート食品でのダイエット方法を解説します。

 

N/Cレートダイエットは至ってシンプル。

毎日の食事の9割を「N/Cレート食品に置き換えるだけ」でOKです。

 

置き換える、というと辛い食事制限をイメージする方もいるかもしれません。

しかし、高N/Cレート食品は普段私たちが口にしているものばかり。

特に日本人には馴染みの深い食品が多く、バラエティに富んでいます。

N/Cレートダイエットは日常生活に取り入れやすく続けやすいと今まで挫折してきた方にもオススメのダイエット方法なのです。

 

高NCレート食品とは

 

N/Cレートが高い分類として「和食」があります。

中でもまごわやさしい」のキーワードで覚えてみましょう。

 

「ま」はまめ、「ご」はごま、「わ」はわかめなどの海藻類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」は椎茸などのきのこ類、「い」は芋類です。

 

ま・・・豆類、豆腐類(豆、豆腐、豆乳、納豆、大豆)

   植物性の高タンパク質でビタミン、食物繊維が豊富。どんな献立にも合わせやすい

 

ご・・・ごま(黒胡麻、白胡麻、くるみ、銀杏)

    植物性タンパク質が豊富で食物繊維、カルシウムが豊富。便秘改善にも役立つ

 

わ・・・海藻類(わかめ、ひじき、のり、海藻)

    ミネラルや鉄分が豊富。むくみや疲労回復にも効果がある

 

や・・・野菜(緑黄色野菜、根菜類)

    ビタミン、ミネラルが豊富。加熱すると栄養が失われやすい

 

さ・・・魚(さば、鮭、イワシ、あじ、さんま、えび、牡蠣、しじみ)

    高タンパク質で腹持ちもよく、体内で消化されやすい

 

し・・・きのこ類(椎茸、えのき、なめこ、まいたけ)

    低カロリーで食物繊維、ミネラルが豊富。1年を通して取り入れやすい

 

い・・・芋類(さつまいも、ジャガイモ、山芋、こんにゃく)

    食物繊維と炭水化物が豊富。生成された白米やパンよりも栄養価が高く腹持ちが良い

 

「まごわやさしい」と「和食」は私たちの馴染みのあるものばかりです。

和食を中心とした献立を意識するだけで、自然と高N/Cレートダイエットを日常的に取り入れることができるのです。

他にもメインとなるご飯は、白米やパンよりも「玄米」を。

なるべく精製されておらず、素材を生かした食品を取るように心がけましょう。

 

おすすめレシピ

 

次に、高N/Cレート食品を使って簡単にできるレシピを紹介します。

 

こちらのレシピは、「まごわやさしい」の食材をふんだんに使った栄養たっぷりの豚汁です。

栄養満点、ボリューム満点でサクッと食べられるので忙しい朝にもピッタリの一品です。

出典:栄養たっぷり★『まごわやさしい』すべて入った豚汁★ レシピ・作り方

 

タンパク質が豊富でヘルシーなささみとごまを使った一品です。

ダイエット中でも揚げ物が食べたい!そんな時にもカリッと楽しめそうですね!

出典:香ばしさがたまらない! ささみのごま焼き

 

最後はレンジで簡単にできる一品。

食物繊維の豊富なさつまいもの美味しさが引き立つ!お弁当にもぴったりです。

出典:さつまいものそぼろあんがらめ

 

気をつけること、デメリット

いいことづくしのN/Cレートダイエットですが、注意したい点もあります。

 

素材を意識する

 

ここで気をつけたいポイントは、「素材を意識する」ということです。

例えば、「まごわやさしい」でいう「芋類」だからといってポテトチップスはNG。

 

ポテトチップスは代表的な低N/Cレート食品であり、1袋が60グラム、350カロリーとした場合、

N/Cレート食品であれば、雑穀ご飯100グラム、鶏胸肉100グラム、お味噌汁、副菜とかなりの量の食品が食べられます。

基本的にN/Cレートダイエットでは加工食品やお菓子は低N/Cレート食品なのでNG。

砂糖や添加物が含まれていない素材をそのまま生かした食材を意識して取り入れていきたいですね。

 

定食を心がける

 

N/Cレートダイエットは外食時にも大いに役立ちます。

ダイエット中の外食は食べるものに迷ってしまいがち。

しかし、N/Cレートダイエットでは「定食」を意識すればOK。

 

焼き魚や煮魚がメインの定食であれば、自然と高N/Cレート食品のメニューとなります。

自宅で調理する際の献立作りにも使えますし、何より続けやすいのが嬉しいですね。

 

食べても痩せる!無理のないダイエットで目標達成を目指そう

 

今回はN/Cレートについて解説しました。

まだあまり馴染みのない方も多いかもしれません。

しかし、N/Cレートダイエットは、運動が苦手な方や年齢に関係なく続けやすいダイエット方法です。

 

「不規則な生活を送りがちで疲れやすいと悩んでいたけれど、続けているうちに体の不調が無くなった」

「体重管理が楽になった」というお声も頂いています。

N/Cレートダイエットは食事を意識するだけで、痩せ体質を目指せるメリットがあります。

さらに栄養価の高い食品は腹持ちがよく、自然と食事量、間食を減らすことができます。

 

しかし、ただ痩せるだけでなく、メリハリボディを手に入れたい、最短で理想の自分になりたい!

そんな方は私たちVISILにお任せください。

当ジムでは、短期間でダイエットの一生使える知識と習慣を身に付けて頂きます。

そのため、トレーニング終了後のリバウンドも怖くありません。

N/Cレートダイエットと組み合わせることで、無理なく取り組んで頂けるダイエット方法をご提供します!

 

関連記事

  1. 「酵素」の力で痩せやすい体へ!10年後も太らない体を作るために必要な3つの方法を解説!
  2. ダイエット中でもOKな和菓子!その理由とは?おすすめ和菓子と効果的な食べ方を紹介

キャッシュバックキャンペーン

ワンコイン体験 実施中!

PAGE TOP
ページトップへ